どうして動画がカギになる?サイトの閲覧数を上げるポイントとは?

この記事をシェアする
B!

サイトと動画の関連性とは?

どこに登録すべき?

多くの人に自社のサービスや製品を見てほしい、そう思った時に登録する動画コンテンツですが、調べるといくつかの種類があります。
自分が好きなコンテンツ、あるいは使いやすいコンテンツを選ぶよりも「どれだけの人が見てくれるか?」にポイントを置くと良いでしょう。その為、国内だけのサービスでは無く海外でも利用されているコンテンツを選択すべきです。もちろんユーザー数や平均動画再生時間なども重要な事項になります。
また動画広告の規模予測などを提供しているコンテンツもありますので、直感で決めるのでは無くデータの裏付けが必要です。当然ながらPCでの動画コンテンツサービスだけでは無く、スマホを含むモバイルデバイスに対応している必要があります。

登録方法は?

動画コンテンツに目星を付けたらさっそく登録です。コンテンツによって登録情報が多少違うケースもありますが、一般的な登録方法としてまずアカウントを作成します。個人・法人と分かれているので気を付けて下さい。
アカウントが完成したら、自分の動画を公開するスペースを作成します。コンテンツによっては番組枠・チャンネル枠を作成するという表現になるケースもあります。作成した後にコンテンツ名や再生画質を選択すれば、登録は終了です。
後は制作した動画をアップすれば、全世界に向けて配信している事になります。チャンネルアートと言って、アナタが開設したチャンネルの特設ページがありますので、自社のサービスに関する写真などをアップしましょう。